Apple PayのモバイルSuicaに現金チャージする方法

iPhoneやApple WatchのApple Payに対応しているモバイルSuica。チャージはクレジットカードからしかできないと思われているが、実は現金でチャージする方法がある。残高不足で改札を出られないけどカードを使いたくないというときの方法を伝授する。

スポンサーリンク

駅でチャージ

駅の有人改札

モバイルSuicaは通信障害などでスムーズにカードからのチャージができないことがある。そんなときは、駅の有人改札で不足分のチャージが可能だ。「残高不足だけど電波が悪くて使えない」というときは、電波の届くところを探すのではなく有人改札に行けばスムーズに対処できる。

駅の新型精算機

都営地下鉄大江戸線東中野駅に設置された新型の「のりこし精算機」にはスマートフォンを置くことができる。このタイプの精算機が増えていけば有人改札を使わなくても簡単にチャージをすることができる。

切符売り場の新型チャージ専用機

JR御徒町駅や小田急線新宿駅などに置かれた新型のチャージ専用機。紙幣投入口の左側にあったカード挿入部が廃止され、右下にICカードやスマートフォンなどを置くスペースがある。実際に手持ちのiPhone 7で試してみたところ、無事に1,000円のチャージに成功した。このタイプの精算機はJR新宿駅や上野駅などにも設置されているので、生活圏の切符売場を確認してほしい。

スポンサーリンク

コンビニなどのSuicaチャージ対応レジ

コンビニなどのSuicaチャージ対応レジでチャージすることもできる。Suicaチャージ対応のコンビニは以下の通り(一部店舗)。

  • NEWDAYS
  • サークルKサンクス
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン

詳しくはJR東日本のSuicaが使えるお店検索ページで確認してほしい。

スポンサーリンク

ポイントがほしいひとはやっぱりカードのほうがお得

ここまで現金でチャージする方法を見てきたが、高還元率のクレジットカードを使ったほうがポイントが貯まってお得だ。三越伊勢丹のMIカード・MIゴールドカードやマルイのエポスカード、各種セゾンカードはATMでの繰り上げ返済もできるので、なるべく早く返済したい現金主義のひとにオススメだ。

現金感覚で使える!ATMで繰上げ返済可能なクレジットカード3選
現金主義大国日本。「クレジットカードは使いすぎてしまいそうで怖い」と思うひとが多いと思う。 僕もポイントが貯ま…
スポンサーリンク

まとめ

モバイルSuica対応の新型チャージ専用機が設置されていない駅もまだたくさんあるが、日本は現金払いをしたいひとが多い社会。これから新型機への切り替えが進んでいくだろう。それまでは、街中のコンビニなどのSuica対応レジでチャージすることをオススメする。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。