Apple、15インチMacBook Pro(Mid 2015)の自主回収プログラムを発表

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Appleは旧世代の15インチMacBook Proが搭載するバッテリーが過熱し安全面のリスクをもたらす恐れがあるとして、一部端末の自主回収プログラムを発表した。

MacBook Pro(15インチ)
MacBook Pro(15インチ)

15インチMacBook Proバッテリー自主回収プログラム

該当するのは主に2015年9月から2017年2月に販売された端末で、製品のシリアル番号で特定することができる。

画面の左上隅にある Appleメニュー()から「この Mac について」を選択し、“MacBook Pro (Retina, 15-inch, Mid 2015)”というモデル名が表示されている場合は 15 インチ MacBook Pro バッテリー自主回収プログラムにアクセスし、シリアル番号を入力するとプログラムに該当するかどうかが確認できる。

交換手続き

バッテリー交換は「Apple正規サービスプロバイダ」や「Apple Store直営店」に持ち込むか、「Appleサポート」に問い合わせて配送修理になる。

いずれの方法でも実機検査を行うなどするため修理には1〜2週刊かかる場合があるという。

リンク

コメント