Apple、iPad専用OS「iPadOS」を発表

この記事は約4分で読めます。

Appleは現地時間2019年6月3日、「WWDC19」にてiPadシリーズ向けの新OS「iPadOS」を発表した。

タブレットPCを意識したのか、これまで搭載されていた「iOS」から切り離し、iPad専用のOSへ転換。ホーム画面にウィジェットを搭載するなど大きな変化をもたらしている。

iPad用にホーム画面を刷新

iPadOSは、より多くのアプリケーションを表示する新しいホーム画面と、情報を一目で確認できる「今日の表示」を搭載。「iOS 13」と同様にダークモードを利用することもできる。

なんと言っても大きな変化はウィジェットだろう。ウィジェットがホーム画面に表示されることでヘッドライン、天気、カレンダー、イベント、ヒントなどの情報を一目で確認できるというのは嬉しいところだ。

Split ViewとSlide Overの機能強化

これまで同じアプリを複数表示することができなかったSplit View。今回のアップデートによって同じアプリケーションから複数のファイルと書類を同時に操作できるようになり、Slide Overでは複数のアプリケーションをすばやく表示し、切り替えることができるようになる。

メールを作成しながらもう1つのメールを並べて表示したり、スワイプするだけでメッセージやカレンダーなど複数のアプリケーションにアクセスすることが可能になった。

Apple Pencilがさらに幅広く使いこなせるように

iPadOSでは、iPadの画面の隅からApple Pencilでスワイプするだけで、ウェブページ、書類、メールに注釈を加えたり、全体をまとめて送信したりできるようになる。

新しくデザインされたツールパレットでは、ツール、カラーパレット、図形、オブジェクト単位で消せる消しゴム、線のどの部分でも削除できる新しいピクセル単位で消せる消しゴム、完全にまっすぐな線を引くための定規に、すばやくアクセスすることが可能。

Apple Pencilの使い心地がより自然になり、先進的な予測アルゴリズムと最適化によって、業界最高水準のレイテンシをさらに9ミリ秒にまで低減したという。

ファイルアプリケーションの強化

書類のアクセスと管理をすばやく行う上で、その中心となるファイルアプリケーションが、iPadOSではさらに改良され、iCloud Driveでフォルダ共有に対応。

共有フォルダにアクセスできるユーザーなら誰でも、iCloud Driveでそのフォルダを表示でき、いつでも最新バージョンにアクセスできるようになる。

iPadOSではこれまでできなかった外付けドライブにも対応。USBドライブやSDカードを簡単に接続したり、SMBファイルサーバにログインしたりすることもすべてファイルアプリケーション内で行える。

高解像度プレビュー機能を備えた新しいカラム表示により、ディレクトリの閲覧が簡単になるとともに、注釈、回転、PDF作成などのクイックアクションに対応することによって、iPadでの作業が簡単に、さらに生産的になる。

iPadOSでは、ローカルストレージ、zipファイルの圧縮/解凍、新しいキーボードショートカットも導入されるという。

Safariでのデスクトップクラスのブラウズ体験

iPadではSafariがこれまでよりもさらにパワフルに。iPadOSはデスクトップ版のウェブサイトを自動的に表示し、iPadのディスプレイに合わせて表示を正しく調整。

タッチの操作に最適化するので、iPadのSafariではGoogle Docs、Squarespace、WordPressなどのウェブアプリケーションが優れた機能を発揮する。

Safariは、ダウンロードマネージャー、30種類の新しいキーボードショートカット、タブ管理機能の強化など、とても便利な新しい機能にも対応する。

テキスト編集機能の強化

iPadのテキスト編集機能がiPadOSでは大幅にアップデート。精度と速度が一段と向上し、ポイント操作がさらに簡単で迅速になり、スワイプ1つでテキストを選択できるようになる。

新しいジェスチャを使ってカット、コピー、ペースト、取り消しの操作もできるそうだ。

iOS 13対応機種

iPadOSは、iPad Air 2以降、iPad Proの全モデル、iPadの第5世代以降、iPad mini 4以降に対応。これによりアップデートできなくなるのは以下のモデル。

  • iPad Air
  • iPad mini 3
  • iPad mini 2

今秋リリース予定

iPadOSのデベロッパ向けプレビューはすでに開始されており、パブリックベータプログラムは来月の予定。正式なリリースは今年秋になるとのことだ。

リンク

コメント